1598458082263.jpg

公開前特別上映チラシ・表・ペイント:NEIM

ドキュメンタリー映画
「踊りたい大地の舞」

 

公開前特別上映

監督:野澤和之  

新潟県出身。文化人類学を学んだ体験から文化社会の周縁にいる人々を描いている。在日1世を描いた「ハルコ」元ハンセン病夫婦の物語「61ha 絆」。2019年「がんと生きる言葉の処方箋」の全国上映が続いている。

撮影:堀田泰寛 

朝鮮平壌生まれ。1970 年ATG『日本の悪霊』(黒木和雄監督)でキャメラマンデビュー。『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督)『靖国YUSUKUNI』(李纓監督)『61ha 絆』(野澤和之監督)暗黒舞踏・土方巽主演『風の景色』(大内田圭彌監督)の作品がある。

日程|2020年9月18日(金)

時間|13:00-16:00(上映&トーク)

登壇者:知念大地×石川竜一(写真家)

場所|豊岡劇場 大ホール
​  (兵庫県豊岡市元町10-18)

料金|映画鑑賞料金のみ

RUE  BOW  FILM  PRESENTS 

出演 知念大地 

撮影:堀田泰寛 

音楽:合田享生・t&kプロジェクト 

編集:平井将人

協力プロデューサー:三木弓彦 

プロデューサー:三木真弓 

監督 野澤和之 

2019年日本/カラー/DCP/ステレオ/75分 

製作 Ⓒ2019踊りたい大地の舞 製作委員会

知念大地を追ったドキュメンタリー作品。
全国での公開はまだですが、特別に上映が決定しました。
2019年12月より豊岡市出石町へ家族で移住。

大道芸の傍ら、自らの芸の芯へ向かう作業として踊りによる旅を継続中。
上映後には知念さんの沖縄・戦跡、自然豪、他での
踊りにカメラで立ち会った経験を持つ写真家・石川竜一さんとのトークも決定しました。

上映に先立ち、「沖縄​旅行記」を期間限定で公開しています。ぜひご覧ください。

 

9/18 特別上映会トーク登壇者
知念大地(踊り)×石川竜一(写真家)

 

石川竜一

​1984年沖縄県生まれ、2008年 より前衛舞踊家 しば正龍に師事。付き人を務め、舞台に立ちながら、氏を撮影する。2010年 より写真家 勇崎哲史に師事。撮影から展覧会や写真集、講座等、写真に関わる企画から運営までのアシスタントを務める。2014年に『okinawan portraits 2010-2012』『絶景のポリフォニー』を発表し、木村伊兵衛賞、日本写真協会新人賞、沖縄タイムス芸術選奨奨励賞を受賞。

 
 
12533239514897.jpg

チラシデザイン:井上正

【豊岡演劇祭2020フリンジ】
 知念大地『続・ひしと』 

【スケジュール】


9月9日(水)20:00 会場:江原河畔劇場駐車場(青年団『ヤルタ会談』終演後)

9月10日(木)20:00 会場:江原河畔劇場駐車場(青年団『ヤルタ会談』終演後)

9月11日(金)21:00 会場:豊岡稽古堂前(東京デスロック『Anti Human EducationⅢ~PANDEMIC Edit.~』終演後)

9月12日(土)20:00 会場:江原河畔劇場駐車場(青年団『ヤルタ会談』終演後)

9月13日(日)20:30 会場:江原河畔劇場駐車場(青年団『ヤルタ会談』終演後)

9月16日(水)19:30 会場:江原駅前イベント広場(うさぎストライプ『ゴールデンバット』終演後)

9月18日(金)20:30 会場:江原河畔劇場駐車場(青年団『眠れない夜なんてない』終演後)

9月19日(土)19:00 会場:江原駅前イベント広場(フェスティバルベースナイトマーケット開催中)☆ウォーキングアクト

9月22日(火)18:30 会場:奥城崎シーサイドホテル敷地内(京極朋彦ダンス企画『竹野町猫町ウォーキング終了後)


[上演時間:約30分]

☆印の回は、通常上演と異なります。

 

【料金】

投げ銭(要予約)

 

【知念大地プロフィール】


大道芸人。
国内外の大道芸フェスティバルで活動。Oerol Festival(オランダ)、アンサンフェスティバル(韓国) 、LINZER Pflasterspektakel(オーストリア)、 ノンテール(フランス)、ドバイバスカーフェスティバル( ドバイ)、他多数。
大道芸の傍ら、踊りによる旅も継続中。

 

  • Twitter

©2020 映画「踊りたい大地の舞」公開前特別上映会 in 豊岡特別サイト by Sosei Sato

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now